5つ約束、4つ方向性

臨床心理士(こころの専門家)による心理的援助と福祉的援助を統合して支援します。

一人ひとりの個性・特性にあった支援を通して、発達や集団適応力の向上を図ります。

子育ての悩みをじっくりと聴き、ご本人・ご家族とともに歩みます。

最新の脳科学・心理学・精神医学の知見を取り入れて支援します。

あきらめずに困難にチャレンジします。

社会で生きていく力をつける。そのためには、安心感と自信が大切です。

言葉だけではないコミュニケーション力をつける。豊かな表情、行動やしぐさに注目します。

生活する技術(買い物、季節にあった衣服・身だしなみ、社会との折り合い)を身につける。そのために、どんどんいろんな経験を支援します。

自分で決める、自分で選ぶ力をつける。人生の主人公は子ども自身です。